お金を借りる理由はそれぞれの人生そのもの

 

日々の生活の中で、お金を借りるというのは珍しいことではありません。

 

借金を返すために違う消費者金融からお金を借りる人もいれば、欲しかったバックを買うための人、自分の目標のためにお金を借りる人も存在します。

 

お金を借りる理由の数だけ人生がある。そんな人生模様が日々描かれているのです。

 

お金を借りることをプラスにする

 

「お金を借りる」をひとまとめにすると、マイナスなイメージがありますが、人生設計のための「投資」と考えてみるとどうでしょう。

 

プラスな言葉になると思いませんか。どのような行動をするとプラスの言葉になるか挙げてみましょう。

 

・自動車を買う

 

・マイホームを買う

 

・資格取得のための学費に使う

 

・起業する

 

・留学する

 

・お財布をなくしてしまったため、お金を借りる

 

・冠婚葬祭などの急な出費のために

 

・交通事故などで入院ないし療養中、一時的な生活費の確保

 

人生には予期せぬ出来事が急に訪れます。その時に対応できない場合は、消費者金融や銀行のカードローン、クレジットカードのキャッシングなどで必要なお金を補うという選択も考えられます。
これは誰もが起こりうることです。

 

人生の転機として結婚などを考えると、自然とマイホームを買うという夢も出て来るかもしれません。ほとんどの人はローンを組んで家を買うことになりますから、人生設計の中で「お金を借りる」ことはごく普通のことです。

 

お金を借りることがマイナスになる場合

 

プラスにもなればマイナスにもなる。ここでは逆のパターンを見ていきましょう。

・ギャンブルで借金をする

 

・無職のままお金を借りる

 

・株式投資に失敗

 

・自動車の任意保険に未加入のまま事故を起こす

 

・買い物依存になっている

 

・ブランド品を質屋に売っても生活ができない

 

・ネットワークビジネスのために商品を買い続けた

 

・会社が倒産してしまい、家賃が払えなくなった

 

ギャンブル依存性、買い物依存性、ネットワークビジネスの失敗談をもとに挙げてみました。

 

会社の倒産に関しては今の経済状況をみても、他人事では思えないため、迷いましたが「マイナス」のほうに挙げてみました。

 

お金を借りることがマイナスになる共通点は、先のことを考えないで行動していること。

 

ギャンブルは「頭でわかっていても、一発逆転の快感が忘れられない」から借金が膨らんでも止められない。人間の弱さが引き起こす事例が多いですね。

 

お金を借りる方法はこの7選!

お金を借りる方法は大きく分けて7つ。お金を借りる額によっても、様々な方法があります。

 

そこでお金を借りる方法7選を考えてみました。

 

「金の切れ目は縁の切れ目」というリスクも含めてご覧ください。

 

1.家族・身内に借りる

 

利息がないので、5万円を借りたら5万円を返せばよい。お金の負担にもならず、気軽にお願いできると思いますよね。
ただし、明確な理由もなくお金を借りることは難しい。使い道や返済期間などを説明し、家族が納得できるプレゼンをする必要があります。

 

2.友達に借りる

 

「千円を財布に入れたはずが入ってない!来月のランチ代をおごり+千円を返すから交通費代を貸してください。」

 

実際に起こった事例。友達は「よくあること」ということで運よく貸してくれて、その後ランチ代とカフェ代もおごりつつ交通費代も返しました。

 

友達にお金を借りるときは、緊急時の時しか発生しないと思います。

 

例えばスポーツ観戦やコンサートチケットの立て替えなどで、チケット代をもらったor渡したなど忘れがちになるため、お互いチェックできるようにスマートフォンのメモ機能などに記入しておくと良いですよ。

 

3.消費者金融で借りる

 

お金を借りる場所に消費者金融を選ぶ人は多いと思います。プロミスのようにWEBで申し込みから明細書まで確認ができたり、即日の借り入れができたり様々な種類があります。
パートやアルバイトの収入があれば満20歳の学生でも利用ができます。しかし、年収の1/3の金額しか借り入れができないため借入額には注意が必要です。

 

4.銀行のカードローンを使う

 

利用している銀行の口座があれば、WEBから申し込み→審査を通過後、即日の借り入れも可能。

 

金利も消費者金融より低いため利息分のお金が少なく済みます。消費者金融と違う点は、配偶者に収入があれば専業主婦でも利用ができることです。

 

限度額も300万円〜1200万円まで借り入れができるが、その反面審査も厳しく、ある程度の金額に達した場合には収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

 

金利が低いところを探して、ローンを1つにまとめる「まとめローン」に変更することも可能。

 

ライフスタイルに合わせた使い方ができるのが銀行のカードローンです。

 

5.学生さんの場合

 

満20歳以下の学生さんは、学生ローンの利用か、クレジットカードを利用する方法があります。

 

高校生はさすがにどの方法でも利用はできませんが、1番最初に利用するのはクレジットカードではないでしょうか。
「魔法のカード」になるリスクもありますが、アルバイト代で賄える金額であれば、1度借りてみるのも勉強にもなりますし良いですよ。

 

6.国の制度を使う

 

学生さんやシングルマザーの場合、学生ローンやカードローン以外に日本学生支援機構の奨学金。

 

国からの「児童手当」「児童育成手当」「母子父子家庭の住宅手当」「ひとり親家庭の医療費助成制度」などの支援を受けるというのも1つの方法です。

 

国の貸付制度もありますので、生活保護を受給する前に検討してはいかがでしょうか。国の貸付制度は無利子。返済期間に余裕があるのもメリットです。。

 

健全にお金を借りる方法として参考にしてみてください。

 

7.ろうきんから借りる

 

身近なものではないため、忘れがちなのが「ろうきん」のフリーローン。

 

ろうきんの金利は銀行より低く、年3.875%〜8.475%です。収入がある人が対象になっていますが、月々の返済額がホームページに載っていますので、借り入れをする金額の範囲が分かると思います。

 

計画的な返済をしたいという人は「ろうきん」のフリーローンを検討してみてください。

お金を借りる場面が夢にでた!現実で起こる予知夢なの?

お金が夢にでてくることは夢占いでは「愛情」という意味があるのだとか。

 

愛情もお金も使い方でいろいろな意味が変わりますし、考え方でプラスにもマイナスにもなりますね。

 

昨晩、お金を人に借りる夢を見たので、これも何かの暗示なのか調べてみました。

 

予知夢になるのかどうかはあなた次第です。

 

夢占いでの「お金を借りる」という意味

 

夢占いの本で「お金を借りる」という意味を調べてみたところ、お金を借りるという夢は、「愛情に飢えている」「自分の力以上のものを求めている」「体力が落ちている」といったような意味を持つそうです。

 

予知夢的な意味として、実際にお金を借りるよりお金を貸す方が多い場合は、自分が掴むはずのチャンスや運気が相手に奪われるという意味もあるのだとか。

 

個人間融資によるお金のやり取りで「貸している側」の損害が大きくなるという暗示ですよね。

 

借りている側から連絡が途絶えたり、返済の日になってもお金を振り込んでこないという予兆の可能性は否定できません。

 

「たかが夢」と思うのか、「されど夢」と思うのかはあなた次第です。

 

お金の扱いは夢にもでてくる

 

夢の中のお金は、苦労して得たお金と楽して入ってきたお金とでは意味も違ってきます。

 

とくに10円玉のような硬貨は「寂しさ」「孤独」という意味。お金を借りる夢より、お金を払う夢を見たほうが、お金が自分に返ってくる予知夢でもあるのです。

 

お金を借りる夢を見たら、現実的にお金を借りて良いものかを冷静になって考える良い機会かもしれません。

 

夢は今の心を現す鏡のようなもの。金運を下げるような行為は避けたいものです。

 

夢のためにお金を借りることはプラスになる

 

お金を借りることは金運を悪くするばかりではありません。自分の夢のためにお金を借りることはプラスになるし、人生の糧になるはずです。

 

自分の夢がイタリアでサッカー留学する。
音楽の勉強をするためにウィーンに行く。
バレーの勉強をするためにロシアに行く。
人生の師匠という人物と同じ空間でいろいろなものを吸収したい。

 

夢を実現するための目標があるなら留学などの教育ローンを使うのは悪くありません。

 

ローンでもお金はお金です。お金に感謝をして、自分の人生にプラスになるように過ごすのも金運を上げる近道ではないでしょうか。

 

お金を借りる男性の特徴

 

お金を借りにくる男性は近くないほうがいいと聞きますね。お金は親しい人ほどシビアでなければと思っていても「困っているから助けたい」という気持ちは持たないほうがいい。
あなたのことを都合のいいATMしか考えていないですから。

 

今回は男性がお金を借りにくる本心をまとめてみました。心あたりのある人は要注意ですよ。

 

婚活でありがちな人

 

婚活をステータスになっている今日。焦る気持ちをを餌に近づいてくるイケメン風の男性。

 

肩書きは会社経営者なのに、何かしらマンションを買わせようとするもしくは、身内の不幸が多く病院に行くための交通費(新幹線や飛行機代)を貸してほしいというお願いが多い。経営者なんだからカードで使えばいいのにと要望に無視していました。

 

婚活パーティーで出会った人の中には詐欺師のような人も参加しているんです。
デートの度にお金の催促する人は要注意です。

 

借金を隠している

 

ある夫婦の話。奥さんは独身時代に1,000万円を貯めていました。旦那さんのほうも同じような金額を貯めていると言ったため、結婚をしてすぐにマイホームを買おうと決めていました。

 

しかし、旦那さん借金があったことを隠していました。
しかも、奥さんに近づいたのは、奥さんが貯めた1000万円。そのお金で借金を代わりに払えると思っていた模様。

 

借金を完済するためな資金が出来たと安心をしたのか、また消費者金融からお金を借りてきたという・・・結局、マイホームを諦めて、旦那さんの借金を奥さんの貯蓄から完済したそうです。

 

結婚する時に男性も女性も借金があると、何かと不利になります。借金がある場合は
借金の理由とその金額を正直に話す機会を作りましょう。

 

借金のことをうやむやにする人は結婚をしても借金の返済に追われる毎日を送る可能性があります。

 

あなたとの結婚を考えてくれているのであれば、きちんと教えてくれるはずですよ。

 

お金を借りて当たり前と考えてる人

 

「俺のことが好きならお金くらい貸してくれてもいいじゃん」という言葉を使う男性は、別の場所でも同じ言葉を使っています。

 

いわばお金にも女性にもルーズな人です。

 

心理的な話になりますが、自分のことを否定しながら生きている「パーソナルティ障害」の人が増えているんです。その人たちの特徴として「依存性」が高いということ。

 

何か自分に嫌なことが起これば買い物に走るまたは、ギャンブルに走るという傾向が見られるのです。

 

男女間の間にお金の貸し借りがあると、ズルズルとお金を貸してしまう、最終的には借金を背負わせて音信不通になるということも。

 

「あなたに依存をする」傾向が見られたらお金だけは貸せないと強く言って、切り捨てるくらいの気持ちでいましよう。

お金を借りる安心の度合いを調べました

「お金を借りる 安心」とは大小様々な本音が隠れていると思います。例えば、家族にバレないで安心してお金を借りたいetc。そんなみなさんの本音を調べてどの金融機関でお金を借りると安心できるのか見てみましょう。

 

お金を借りるのが初めての場合

 

お金を借りるのが初めての場合はCMで流れている大手の消費者金融もしくは、普段使っている銀行のガードローンを利用すると、ブランドと信用度の高さから「安心」してお金を借りことができるでしょう。

 

もしくは、ネットショッピングのしすぎでお金が足りなくなったとか、その関連しているネット銀行のカードローンを利用して、ついでにポイントも貯めるメリットも。

 

初めてカードローンを利用する人が安心してお金を借りるためには、普段の生活とリンクしやすいカードローンを使うことです。

 

そのほうが、申し込む手間も省けますし、借り入れる額も決まってくるので計画的に返済ができると考えています。

 

ブラックだけど・・安心して借り入れができるか

 

次の「安心」の意味は、債務整理や過去に滞納した経歴がブラックリストに載っている人の場合。

 

大手の消費者金融や銀行のカードローンはブラックリストに載っている人は審査を通らない事例が多く、大手から借られなかった人が「安心」してお金を借りる場所。それがライフティ、フクホー、アロー、セントラルなどの中堅の消費者金融です。

 

中堅の消費者金融は独自の審査基準があるため、ブラックでも審査が通りやすくお金を借りられた事例は多い。

 

しかし、ブラックの内容によっては審査が通らないケースもあるため、100%「安心」ではない模様。
100%安心に近づくために、中堅の消費者金融の「まとめローン」に借り換えをして支払いを1つにまとめたりと「お金を返す」誠意があれば、お金を借りることができるようです。

 

お金にクリーンな人ほど安心して借りる割合は高いということですね。

 

お金を借りる相手はどうする?金融機関が安心第一

お金を借りる時、誰からも借りようと考えますか?家族や身内それとも友人や会社の同僚などお金を借りる相手次第で、人間関係がいとも簡単に崩壊することも考えられます。

 

仕事などの支障がないために、お金を借りるにはお金のプロである金融機関を相手にしたほうが安心ですよ。

 

金融機関に借りるメリット

 

第3者でありお金のプロである金融機関に借りたほうが
法的な利息分を払えばいい。
身内で借りると「トイチ」でお金を返す借用書を作成されよりはマシですよね。

 

少額であれば消費者金融のカードローンを利用すればいいし、年収の1/3以上のお金を借りたい時は銀行のカードローンを利用すると、キャッシングもキャッシュカード1つで借り入れも振り込みも簡単にできるメリットがあります。

 

消費者金融や銀行以外にも、金利が低い「ろうきん」のカードローンやフリーローンもおすすめですよ。
お堅い 条件が厳しい の2つがネックですが、「働く人たちのサポート」の面ではろうきんの借り入れも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

無理のない返済計画を立てやすく月々の最低返済額がホームページに記載されています。

 

以上、金利機関でお金を借りるメリットを見てきましたが、共通して言えることは「安定した収入があり、1つの会社の勤続年数が長い」2つをクリアしていれば、どの金融機関を利用しても審査が通りやすく即日に借り入れが可能です。

 

金融機関でお金を借りるデメリット

 

メリットもあればデメリットもある。ここでは、金融機関でお金を借りることで起こるデメリットについてです。

 

借り入れしたお金を返済期間のうちに完済をすれば、返済実績がついて借り入れの金額の増枠も期待できるでしょう。

 

しかし、人生は何が起こるか分からない。突然のアクシデントによりお金が長い期間に返済ができない場合は、信用情報に「滞納」と記録されてしまいます。

 

いわゆる金融事故を起こした場合、新しい会社で借り入れを申し込んでも、審査が通らないことも。突然のアクシデントも見越して返済計画を立てないと、ブラックの仲間入りなるリスクは付きものですから、安易な計画を立てるのはやめましょう。

 

その反面、家族や身内からお金を借りる時はあくまでも、個人間のやり取りなので上記のような、アクシデントが起こっても双方の合意のもと返済機関を伸ばす措置の相談をするなど柔軟な対応が期待できるでしょう。

 

お金を借りる相手に誠意を持とう

 

身内に借りても、金融機関に借りてもメリットとデメリットは生じます。

 

そのデメリットを乗り越えるには、お金を貸した人に対しての誠意を見せること。誠意を見せるための努力を継続することです。

 

努力が返済するための収入の確保でもあり、自分でできる範囲で金銭感覚の改善などを行い、お金を借りずに生活できるようにすることで、周囲のあなたを見る目が変わることにつながります。

 

ホーム RSS購読